銀行系カードローンで借り換え

 


銀行系カードローンによる借り換えのメリットとして挙げられることは、消費者金融業者からの融資と比較して銀行のカードローンは金利が低いということです。

銀行のカードローンを借り換えるときには無担保、極度貸付方式のカードローン、証書貸付方式のおまとめローンを利用することが一般的です。

借り換え用の商品は、2010年に施行された貸金業法によって規定されている総量規制の対象外となります。

銀行による貸金の金利は下降傾向が続いていますから、借り手となる側にとってはカードローンの金利を見直すための良い機会になります。



いくつもの返済を抱えているという場合などは、銀行のカードローンに借り換えるだけでも金利が下がり、返済が楽なります。

消費者金融業者などの貸金業者と同程度に審査も簡易なものとなっています。

借入限度額も高額であるため、いくつものキャッシングやローン商品をまとめることもできます。

ひとつにまとめることによって利息を含めた総返済額を減らすことができ、毎月の返済も楽になります。返済する日付も月に1回となりますから、計画も立てやすく、管理もしやすくなります。



借り換えをするにあたっては、より金利が低い借り入れ先を選ばなければなりません。

固定金利になっているローンであれば、変動によって年利が上昇するリスクもありませんから、返済までの道筋も立てやすくなります。

銀行では返済プランや返済額について相談に応じてくれますから、十分に活用して自分に合った計画を立てたいところです。
AX